苦手意識を持たずに、英語を頑張れる幼稚園生の英会話

小学生の英会話の目標

小学校でも英語の授業が始まりました。また、大学受験では英語の公式テストが活用されるようになります。いかにこれから英語が重要かを感じます。

苦手意識を持たずに、スムーズに勉強を進めるために早目にスタートしましょう!

英語の勉強に関して早すぎるということはないです。小学校から高校まで、少なくとも8年間は英語の授業を受けます。早い段階で「英語ができる!英語が話せる!」という自信を身に付けるのが一番の目標です。お子様自身が「できる!」という気持ちを持てれば、英語に対して心の壁を作らずにどんどん成長します。

小学生の教材

小学生の英会話クラスでは「オックスフォード Everybody Up」という教科書シリーズを使用します。四技能が含んだ楽しい教材なので、子供達に人気です。ペースがちょうどよく進むのでスムーズに勉強ができます。

Oxford Everybody Upの特徴:

  • CLILを含む現代的な勉強方法を利用してる
  • 各ユニットで歌が違うので新鮮な気持ちで楽しめる
  • 写真、フラッシュカード、映像が綺麗で分かりやすい
  • 日常的なシーンで活用できる英語を学ぶ

クラスの流れ

先生・生徒やユニットによってクラスの流れに違いはありますが、一般的な流れを紹介します:

  • Greeting (挨拶とワームアップ)
  • Files & Homework (ファイル預りと宿題の確認)
  • Review (先週の復習)
  • Vocabulary (単語の練習)
  • Listening (リスニングで単語の聞き取りと発音の確認)
  • Grammar (習った単語を使って文章にする)
  • Practice (先生とクラスメートと一緒にキャッチボールスタイルで練習)
  • Goodbye (宿題案内と最後の挨拶)

1レッスンで復習から始まり、四技能を使った練習をするのでバランス良く授業が進みます。

学ぶスキル

レベルによって目標とするスキルは幅広いですが、簡単に紹介します:

Everybody Up Starter (E0):

  • ABCとフォニックスサウンドを知る
  • 簡単な挨拶ができる
  • シンプルな質問と答えのパターンを覚える

Everybody Up 1 (E1):

  • Yes・ No又はWh-疑問を覚える
  • 肯定文と否定文を使い分ける
  • 単数形と複数形を使い分ける
  • This・That・These・Thoseを使い分ける

Everybody Up 2 (E2):

  • He・She・Theyなど使い分ける
  • 三人称を使える
  • There is・There areを使える
  • 時間などの前置詞フレーズを覚える

Everybody Up 3 (E3):

  • 場所の説明ができる
  • Want・Like・Have・Needなど使える
  • 仕事内容の説明ができる
  • 一般動詞を使う
  • 過去形を使う

Everybody Up 4 (E4):

  • 動名詞フレーズを使う
  • 比較形を使う
  • 人や物の様子を説明できる
  • 一般動詞の過去形を使う
  • To+原型を使う

Everybody Up 5 (E5):

  • When文章を使う
  • 過去進行形を使う
  • 現在完了形を使う

Everybody Up 6 (E6):

  • 道の案内ができる
  • But・Andの文章を使う
  • 期間を現在完了形で説明ができる
  • If文章ができる
  • 受け身を使う

家でできる勉強

小学生の間は、親のサポートが大事です!一番のオススメは海外に行く、海外の友達を作ることですが、中々難しいことだと思います。一番簡単にできることで、とにかく英語の重要性を伝えていきたいです!親が普段の生活の中で英語を使ってみることや、一緒に英語の勉強している姿を見せることで、子供が英語の大切さを感じることができます。つまり、環境作りが大事です!

家でできる練習:

  • レッスンの単語や文法の練習
  • 宿題のチェック
  • 子供と一緒に音読の練習をする
  • 英語の歌とかYouTubeを一緒に見る

まずは親と一緒に取り組むことが大切です。家での練習に関して質問があればいつでも気軽に聞いてください。