ベンちゃんJr.英会話の教育理念

積極性とクリエティブな精神

教育は将来へのカギと言われます。ベンちゃんJr.英会話で深くそう思っております。私たちは子供から大人まで、教育を受けながら成長していきます。積極性と創造力を持つ大人になるために子供の時からの積み重ねが大切です。

  • 丸暗記とテスト重視な環境にしない:今の時代はネットを使ってたくさんの情報を調べることができます。そんな中で、情報ばかりを詰め込むのではなく、考える力を身に付けたいと考えています。教科書以外では子供達の好奇心をもとにプロジェクトを活用していきます。勉強してきた内容や自分たちの力をプロジェクトの中で活かせるようになります。
  • 子供重視でクラスを進める:生徒たちが先生の話を聞くのは基本かもしれませんが、受け身では結果に繋がりません。子供達自身が進んで取り組まないと、レッスンの内容を身に付けることはできません。そのためにも、生徒がクラスの中心となり、先生は生徒をサポートするようなクラス作りが大切です。

可能性が広がる英語教育

英語は他の教科とは違い、好き嫌いに関わらず将来的に必要なスキルです。得意な分野があっても、就きたい仕事があっても、最終的に英語が必要になる時がきます。もし「英語が嫌い・苦手だから英語から逃れたい!」と思っていれば、将来の選択肢は狭まってしまいます。

  • 英語が大好きな子供になる:小さい頃に英語に苦手意識を持つと、その後にずっと響いていきます。中学校や高校では必ず英語の勉強があり、それは大学受験にも関わってきます。子供の時から「英語が楽しい!英語ができる!」というポジティブなイメージを持ってもらいたいです。楽しく英語ができれば、将来の可能性にも繋がります。
  • 将来の選択肢が広がる教育:英語嫌いな方向に向かっていけば、英語が必要な勉強又は職業を避ける選択肢しか見えなくなります。これはとてももったいないことで、可能性が狭まります。英語に苦手意識を持たずに、日本以外でも、どんな仕事もやっていける!と自信を持てる子供達を育ていきます!